ホーム > ヒトデの種類 > ホソトゲイバラヒトデ

ホソトゲイバラヒトデ

2011 年 3 月 10 日 コメントをどうぞ コメント

ホソトゲイバラヒトデ
学名:Luidiaster oxyacanthus

分類
 モミジガイ目:Paxillosida
 イバラヒトデ科:Benthopectinidae

富山湾の200m以深でちょくちょく見つかるヒトデ。
腕は次第に細くなり、長く、そして薄い。
そのため、すぐに腕の先端が取れてしまう。

体全体が赤みを帯びているが、腕の基部の所が白っぽかったりするので、体の中心部分が桜の花びらのように見えて、綺麗だなーっと思うのは管理人がヒトデマニアだからだろうか?
綺麗だけど、触ると名前の通りチクチクする。
乾燥標本にしたけど、うまく出来なかったのが残念。腕の先端が曲がってしまうんだよね(´・ω・`)

Rが120mmを越す個体が見つかることが多い。

分布:相模湾、北海道より本州までの日本海。