ホーム > ヒトデの種類 > ヤツデスナヒトデ

ヤツデスナヒトデ

2011 年 3 月 30 日 コメントをどうぞ コメント


ヤツデスナヒトデ

学名:Luidia maculata


分類
 モミジガイ目:Paxillosida
 スナスナヒトデ科:LuLuidiidae

7~9本の腕を持つヒトデ。
輻長(R)が25cmにもなる大型の種類。

体の色が淡黄色で、黒色の斑点が多数見られる。
体の色が赤褐色だと、モロイソスナヒトデ…らしいです(^^;

熱帯系のヒトデで、佐渡や琉球諸島などの浅瀬にいるのでスキューバーダイビングしてるとたまに見つかります。
非常に食欲旺盛な肉食性ヒトデで、たまに同じ種類の小さなヒトデを食べている事も(゚д゚)!

う~ん、弱肉強食なヒトデ世界です

でもシャイなヒトデでよく砂の中に隠れているみたいです。

 

分布:相模湾、本州中部以南、東シナ海(水深115m)、南シナ海、西太平洋、インド洋

 

写真提供:-生菜香の畑-つぎはぎの詩
管理人の「しむーず」さん、ありがとうございます~(´∀`)ノシ

砂浜に打ち上げられていたとか…悲しすぎる・゚・(つД`)・゚・
落ちている貝や足あとから推測するに…まだ輻長が10cmくらいの小さめの個体みたいですね。