ホーム > ヒトデの種類 > フサトゲニチリンヒトデ

フサトゲニチリンヒトデ

2011 年 3 月 9 日 コメントをどうぞ コメント

フサトゲニチリンヒトデ
学名:Crossaster papposus

分類
 ニチリンヒトデ目:Velatida
 ニチリンヒトデ科:Solasteridae

フサトゲニチリンヒトデは多腕性のヒトデで9~11本の腕があります。
本種は、富山湾の深海に多数住んでいるようで、管理人が訪れていた漁港の底引き網漁船の網によく引っかかってきます。
大きい個体ではR=7cmくらいはありました。

解剖して胃の中を調べると、貝や他のヒトデ・クモヒトデ、魚の骨などが入っていたので、肉食性です。

富山湾では水深300m以深にいるのですが、北海道では水深10mと浅い所で見つかるようです。
寒い地域では浅瀬にも住めるんですね。

日本海、本州中部以北太平洋岸、オホーツク海、北太平洋、北大西洋に生息しています。