ホーム > ヒトデの種類 > トゲモミジガイ

トゲモミジガイ

2011 年 3 月 9 日 コメントをどうぞ コメント

トゲモミジガイ
学名:Astropecten polyacanthus

分類

モミジガイ目:Paxillosida
モミジガイ科:Astropectinidae

5腕のヒトデで、腕の周りに目立つトゲが存在するのが特徴。
持つとちょっとチクチクする。

モミジガイと近いグループの仲間で、同じく浅い海に生息する。
モミジガイよりちょっとだけ、深い所まで住める。

この種も色の変異が著しい。
富山湾(水深12m)や石川の海で見つかる個体は暗褐色。
奄美などでは、淡い灰褐色で、腕の両側が薄い水色の個体もいるようですが…残念ながら、管理人は写真のような地味な感じのしか見たことありません。
他にも、赤褐色の個体もいるようです。

沖縄に行った際には、ぜひ綺麗なトゲモミジガイを探してみてください(´∀`)

分布:本州、四国、九州、沖縄、太平洋