ホーム > ヒトデの種類 > エゾヒトデ

エゾヒトデ

2011 年 3 月 9 日 コメントをどうぞ コメント

エゾヒトデ
学名:Aphelasterias japonica

ezo-hitode01

  赤褐色の個体(R=152mm)

分類
 キヒトデ目: Forcipulatida
 キヒトデ科: Asteriidae

5腕で、腕の基部がちょっとくびれている。
赤褐色や暗褐色の個体がよく見つかり、腕の中心線に沿って縦線があるものが多い。

恥ずかしがり屋なヒトデで、岩礁などに隠れており、タコ壺の中にも居たりするようです。
300m以深の富山湾でも、稀に採れることがあります。

くびれを持つスリムな体型なのに、非常に大食いでカキや帆立貝などの養殖場を襲ったりする。
(´ヘ`;)

分布:北海道、富山湾、東京湾、日本海西部(114m)、サハリン。

参照:日本陸棚周辺の棘皮動物[上]
・エゾヒトデ