アーカイブ

‘ヒトデQ&A’ カテゴリーのアーカイブ

 巨大ヒトデを追え!

2011 年 4 月 14 日 コメント 2 件

ヒトデの最大、最小の記事でヒトデの日本最大のヒトデは「オオフトトゲヒトデ」で、R=38cm」と伝えました。

その記事を書きながら、昔のことを思い出してハードディスクの奥深くを探していたら……
ありました。

昔、保存しておいたヒトデの記事が(・∀・)ノ★

確か……朝日新聞だったような?
日付は2006年5月20日(土)です。

巨大ヒトデ新種発見か

隠岐沖で撮影
big-seastar01 big-seastar02

直径が60センチ近い巨大ヒトデが島根県・隠岐沖の日本海で見つかった。
腕は10本で、オレンジ色の体に黄色の斑模様がある。
大阪府枚方在住の水中写真家、赤木正和さん(46)が生態写真の撮影に成功した=写真。

 

ヒトデの分類が専門の佐波征機・元三重県立久居高教諭が調べたところ、新種の可能性が高いことが分かった。
体の特徴などから、主に深海に分布するカンムリヒトデ属の一種と見られる。
近く正式に論文発表する。

 

赤木さんは今月3日、隠岐諸島・島後北部の水深35メートルで1匹目を撮影。
翌週4日に、ほぼ同じ海域の水深25メートルで2匹目を撮影した。

 

1匹目の個体は直径が1メートル近くあったが、写真の撮影をしただけで、標本は得られていない。
今後の調査で1メートル級の個体が採取されれば、オオフトトゲヒトデ(直径約80センチ)を抜き、日本最大のヒトデとして記録される可能性がある。
(山本智之)

 

う~ん、日本のヒトデも負けていない…。゚(゚´Д`゚)゚。
残念ながら1メートル超えを捕獲こそできなかったようですが、日本にも世界と戦えるヒトデがいるのです。(何と戦うかは不明?)

1メートル超えのヒトデが見つかったのは2006年5月で…この記事を書いてる現在は2011年4月。
約5年の歳月の間に一体どれだけ成長しているだろうか……

奴はまさに、日本ヒトデ界の期待の星である。
ヒトデだけに。
今後の奴の発見を期待したい。

……まぁ、すでにお空のお星様になってるかもしれないけどね。
つまり、寿命で海の藻屑になっている可能性もあるのでした(´Д`;)

 

 

 

 

ヒトデの最小・最大の大きさは?

2011 年 4 月 13 日 コメントはありません

Q.ヒトデの最小・最大の大きさはどれくらいになるの?
海で見かける乗って、せいぜい直径10cmくらいだけど。

A.最小でR=0.2cm、最大でR=68cm
Rは輻長って意味で、「ヒトデの中心から腕の先端までの長さ」ですよ★

--------------------

 

ヒトデガイドブックに記載されている公式(?)記録によれば…

Midgardia-xandaros★世界最大のヒトデ:R=68cm
  Midgardia xandaros
このヒトデはメキシコ湾から採集されたヒグルマヒトデ科のヒトデだそうです。
小さな丸に、細長い線が何本もくっついたような形をしてますね。

 

Pycnopodia-helianthoides★太平洋最大のヒトデ:R=66cm
  Pycnopodia helianthoides
こちらのヒトデはアラスカ~カリフォルニア沿岸に生息するユルヒトデ科のヒトデです。
66cm×2=132cm…大型ダンプカーのタイヤよりも30cmも大きい、化物のようなヒトデです(゚д゚)!
英名では【Sunflower star】と言われるそうです。

 

オオフトトゲヒトデ1★日本最大のヒトデ:R=38cm
  オオフトトゲヒトデ

 

  2位はオオアカヒトデでR=37.6cm

世界の壁は厚いです。日本のヒトデでは太刀打ちできないようです(^^;

—————————
☆世界最小のヒトデ:R=0.2cm
  チビイトマキヒトデ
kannso-tibi
1円玉より小さいけど、これで大人のチビイトマキヒトデ。

なんと世界最小のヒトデは日本出身…というより日本にいるヒトデでした!
管理人は何度となくチビイトマキヒトデを採集してましたが…
まさか、あれが世界最小だったとは、びっくりです。

 

 

画像:ヒトデガイドブックから
Midgardia xandaros
Pycnopodia helianthoides
・オオフトトゲヒトデ

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: , ,

ヒトデの腕の数って5本なの?

2011 年 4 月 12 日 コメントはありません

Q.ヒトデの腕の数って必ず5本なの?
たまに4本とか6本とかも見かけるけど。

A.基本は5本腕ですが、中にはそれ以上の腕を持つヒトデの種類もいます。
最多の腕の数は50本です。

--------------------

4本、6本腕のヒトデは、おそらく突然変異の個体ですね。
まれに発見されます。
これはスナイトマキの乾燥標本ですが、4、5、6本腕の個体です。

また、ヒトデの全種類が5本腕というわけではなく、中にはいつも6本以上の腕をもつヒトデもいます。
 6本:ルソンヒトデ
 8-10本:ニチリンヒトデ
 20-40本:タコヒトデ

世界最多の腕を持つヒトデは50本だそうです!
【Labidiaster annulatus】という南極海に住むタコヒトデ科の種類。
↓これはロッククラブを襲っているところです。
Labidiaster-annulatus

R=30cmにもなる大型のヒトデです。
画像を見る限り…カニを襲うエイリアンにしかみえない…

ちなみに、腕の多いヒトデは貪食な傾向にあり他のヒトデも襲って食べたりもします。
管理人も大学時代にタコヒトデ(腕の多いヒトデです)を水槽に入れるのを見たのですが……しばらくすると、中にいたウニの死骸だけが転がってました……かなり食欲旺盛です(´Д`;)

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: , ,

ヒトデの移動速度って?

2011 年 3 月 28 日 コメントはありません

Q.ヒトデってどれくらいの早さで動くの?
いつもジーッとしてて、動かないけど…

A.世界最速で時速90mらしいですよ!
実は結構早く動ける…らしいです。

--------------------

ヒトデの早さの研究はほぼされていないらしくデータがあまりないようですが…
オオフトトゲヒトデで、時速90mが報告されているようです。

オオフトトゲヒトデ1

オオフトトゲヒトデ

時速90mと言うことは…
分速1.5m
秒速2.5cm

う~ん、自分が今まで見てきたヒトデと比べてかなり早い( ̄~ ̄;)
一度はそんな高速移動ヒトデを見てみたい…★=3

他にも…サンゴ礁を食い荒らすことで有名なオニヒトデは【時速13m】で動く。

またスナヒトデは夜間にものすごい速度で、【海底を滑るように】動くそうです!?
オオフトトゲヒトデより早いだろう…っと参考図書のヒトデガイドブックに書いてありました。

ヒトデ達はのんびり屋なので、なかなか動かないですけどね。
水槽でのんびり観察してると、ちょこちょこ動いてますよ。
餌をあげると、猛ダッシュ(?)で餌に近寄ってきました。
  【餌】     ★=3=3=3

参照ページ:
オオフトトゲヒトデ

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: , ,

ヒトデの寿命って?

2011 年 3 月 20 日 コメントはありません

Q.ヒトデの寿命って何歳なの?
色んな大きさがいますが、何歳くらいまで生きますか?

A.最長記録で39年、生きるという報告があります。
Anasterias rupicolaという外国のヒトデです。
↑南氷洋に住むキヒトデ科のヒトデです。

--------------------

ヒトデの年齢を調べるのって非常に難しいんですよね。
樹木みたいに年輪とかあればわかりやすいのですが…

なので、ヒトデが1年にどれだけ成長したかなどの情報をもとに計算した結果が、
外国のヒトデ:Anasterias rupicolaで39年らしいです。

他にも下のヒトデの寿命が報告されています
・オニヒトデ…6~7年
・Pycnopodia helianthoides…10年
 (北太平洋産の大型多腕種)
・Asterias rubens…5~6年
 (北太平洋産のキヒトデの近縁種)
・Luidia ciliaris…3~4年
 (地中海産のスナヒトデの仲間)

以外に…長生きなのかな?
ちなみに、寒い場所や深海のヒトデの方が長生きするようです。

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: , ,

ヒトデにオス・メスってあるの?

2011 年 3 月 3 日 コメントはありません

Q.オス・メスってあるの?
オスの特徴・メスの特徴ってあるの?

A.オス・メスがあります。(種類によっては、オス・メス区別のないヒトデもいます)。
オス・メスの区別は外見からは、ほぼできません。
ヒトデを解剖してみて、精巣(精子を作る組織)があれば、オス。
卵巣(卵を作る組織)があればメスです。

--------------------

精巣は白っぽい色をしています。(左画像)
卵巣は赤やオレンジ色をしています。(右画像)

雄の精巣 雌の卵巣

↑精子が詰まっている      ↑卵が詰まっているの見える

 

ただし、ヒトデが赤ちゃんを作る時期(生殖期)でないと、精巣・卵巣に色がついていないので見分けるのが難しくなります。
生殖期だと、精巣・卵巣が凄く発達しており、外見からも色が見えることがあります。この時期だとオス・メスを見分ける事ができる…事もあります。

管理人もよくヒトデを解剖してオス・メスのチェックをしていました。
赤ちゃんを作る【生殖期】の場合は、チェックが簡単。

しかし、赤ちゃんを作らない【非生殖期】の場合は、チェックが大変でした。
この時期のチェックの仕方は、様々な実験手順を踏んで、顕微鏡を使ってチェックします。
最短でも4日間くらいかかるので、面倒くさかったのを覚えていますね。

ちなみに、顕微鏡で発達した精巣(画像左)・卵巣(右)をチェックすると下のように見えます。

 

雄の精巣(切片画像) 雌の卵巣(切片画像)

↑中心に精子の塊        ↑ピンク色が成熟した卵。黒丸は核。

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: , ,

ヒトデはどうやって増えるの?

2011 年 3 月 3 日 コメント 1 件

Q.どうやって増えていくの?
よく分裂するとか聞くけど、本当なの?
他の増え方はないの?

A.ヒトデは【卵と精子】で増える種類と、【分裂】で増える種類がいます。
増え方は種類によって決まっています。

多くの種類は
①「海水中に卵と精子を放出し、受精卵→幼生→ヒトデとなっていきます。」
海にいる魚とかと同じ増え方ですね。

分裂で増える種類は
②「1本の腕が取れた後、その腕からまた新しいヒトデになることで増えていきます。」

--------------------

①の増え方をする種類にも何タイプかあって、
A.通常の、オスとメスで増える種類。(雌雄異体のヒトデ)
オスだけ、メスだけでは増える事ができません。オス・メス両方いて増えることができます。

B.一匹で、オス・メス両方の役割を持っている種類(雌雄同体のヒトデ)
なので、一匹いれば増えていくことができます。

C.メスしかいない種類。卵(ランと呼ぶ)だけで増えていく。(単為生殖)
精子のくっついていない、未受精卵なのにヒトデになれる不思議な方法。

これらプラス②の分裂(無性生殖)という、4種類の方法で、ヒトデは増えていきます。

ちなみに、管理人の後輩が観察していた、分裂で増えるヒトデの画像です。
まさに分裂する瞬間です。

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: ,

ヒトデは川に住んでないの?

2011 年 3 月 2 日 コメントはありません

Q.川にヒトデは住めないの?
海ではよく見かけるけど、同じ水の中なら川とかにも住んでるの?

A.川には住めません。
ヒトデが住んでいるのは海だけです。

--------------------

世界で2000種のヒトデがいると言われています。

熱帯の温かい海に住むヒトデ。
北極などの寒い海に生息するヒトデ。
目立ちたがり屋(?)で、浅い海で過ごすヒトデ。
恥ずかしがり屋(?)で、深い海に隠れ住むヒトデ。

海という海に住んでいるヒトデだけど、川に住んでいるヒトデっというのは報告されていません。
みんな、潮っ気のある海が大好きなんですね。

汽水域(海と川の合流地点で、淡水と海水の混じっている場所)に住んでいるという話もありますが…私は見たことないですね。
(本当かどうかは謎です。)

もし、川に住んでいるヒトデを見つけたら大発見ですよ!
発見した際は、ぜひヒトデマニアKへご一報を(・∀・)ノシ

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: , ,

ヒトデはどこに行けば見れるの?

2011 年 3 月 2 日 コメントはありません

 

Q.どこに行けばヒトデが見れるの?
海に行っても中々ヒトデが見つけられないんですけど…

A.海の底や石の隙間や裏を要チェック!
隠れてるヒトデもいるので、じっくり探してみるといいですよ。

また、【水族館】に行くと、目立たないけど水槽の下にも何種類かいたりしますよ。
水族館によっては『ふれあいコーナー』などがあり、ヒトデに触れる場所があります。

【熱帯魚ショップ】でも売っていたりします。
アオヒトデやコブヒトデが観賞用として売っているようです。

--------------------

私も仲間の研究仲間と一緒にヒトデをよく探しに行きました。
のんびり泳いでいると、ヒトデものんびりと海底を歩いていたり。
石の裏に隠れていたり。
テトラポットの隙間の見えにくい所にいたり。

チェックポイントは…

●砂浜の海岸の場合
砂に隠れていたりするので、海の底をじっくり観察してると見つかったりします。
星型に盛り上がった砂があったら、その下にいるかも?

●石だらけの海岸の場合
ちょっと大きめの石の裏に隠れているヒトデもいます。
平べったくて見つけにくいかも?

●コンクリートなどで整備された海岸
コンクリートとコンクリートの隙間をのぞいてみましょう。
ヒトデ意外にも、ウニやウミウシ、カニなど色んな生物がいたりしますよ。

また、私の場合は【漁港】などにヒトデを探しに行きました。
漁港の漁師さんと仲良くなっていると、色んな事が聞けたりしました。

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: ,

ヒトデは海のどこにでも住めるの?

2011 年 3 月 2 日 コメントはありません

Q.海のどこにでも住めるの?

A.ほぼどこにでも住んでいます。
私たちが見かける『浅い海』はもちろん、深海と呼ばれる『深い海』にも住んでいます。
また、赤道近くの『温かい海』や、北極や南極周辺の『寒い海』にもいます。

--------------------

ヒトデは世界中の海に幅広く住んでいて、潮間帯などの浅い海だけでなく、超深海と言われる水深6,000mからも発見されています。
※潮間帯:一日のうちに陸上になったり海中になったりする部分。

浅い海に住むヒトデは捕まえるのが簡単なので、何を食べるか、いつ赤ちゃんを産むかなど分かっている事が多いです。
しかし、深海のヒトデは簡単に捕まえることができないので、分からないことばかりです。
特別な海洋調査などを実施しないと、深い所の生き物は捕まえれないんですね。

ちなみに、私は大学時代に富山湾の深海のヒトデを研究していました。
どうやって深海のヒトデを捕まえていたかというと【漁港】に行ってました。

その漁港では甘エビやベニズワイガニ、ゲンゲを捕まえているのですが、漁に『底引き網漁船』を使います。この船は、水深300mに大きな網を降ろすことで漁を行っています。
その網に、カニなどと一緒にヒトデが引っかかってくるので、それをもらって研究していました。

毎月、何度も漁港にいってヒトデをもらっていたので、漁師のオジサンに顔を覚えてもらい、「ヒトデのあんちゃん」と呼ばれていました。

●仲良し漁師さん(左)と若かりし頃の管理人(右)

●甘エビ、ゲンゲと一緒に採れるヒトデ

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: ,

ヒトデは何種類いるの?

2011 年 3 月 2 日 コメントはありません

Q.何種類くらいのヒトデがいるの?
近くの海や水族館で見るのは3、4種類くらいだけど、世界の海にはどれだけの種類のヒトデがいるの?

A.世界に約2000種類のヒトデがいると言われている。
そのうち、日本の近くの海には約250種類が生息しているそうです。

--------------------

ちなみに、私が研究していた富山湾には約40種類のヒトデがいるらしいです。
富山湾以外も合わせて、35種類のヒトデを見たことがあります。
日本に250種もいるから…まだ日本のヒトデの14%しかみていないのか…

★管理人が実際に見たヒトデ(名前順)
アオヒトデ
アカオニヒトデ
アカヒトデ
アカモミジヒトデ
イトマキヒトデ
ウスモミジガイ
エゾヒトデ
オニヒトデ
カスリモミジガイ
キタウスモミジガイ
キヒトデ
コイトマキヒトデ
コヒトデ
コブヒトデ
スナイトマキ
スナヒトデ
タコヒトデ
チビイトマキヒトデ
トゲモミジ
トヤマヤツデヒトデ
ニセモミジガイ
ニチリンヒトデ
ニッポンヒトデ
ヌノメイトマキヒトデ
ヒメヒトデ
ヒラモミジガイ
フサトゲニチリンヒトデ
ホソコトゲヒトデ
ホソトゲイバラヒトデ
モミジガイ
モミジヒトデ
ヤツデスナヒトデ
ヤツデヒトデ
ルソンヒトデ

★見たけど、名前の分からなかったヒトデ
深海性ヒメヒトデ(名前不明)
マクヒトデの一種(名前不明)

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: ,

ヒトデって…何の仲間?

2011 年 3 月 2 日 コメントはありません

Q.ヒトデって何の仲間なの?
軟体動物なの?貝の仲間?昆虫(節足動物)?

 

A.棘皮動物という分類です。

軟体動物や貝、節足動物とは全く違う動物です。

--------------------

ヒトデは棘皮動物(きょくひどうぶつ)と言われる動物です。

ウニやナマコの仲間です。
軟体動物(タコ・イカ・貝など)や、節足動物(昆虫・エビ・カニなど)とは異なります。

 

柔らかそうなヒトデを見て、軟体動物?と思われる方や

触ってみると、意外と固いヒトデなので、固い殻を持っているカニの仲間と思ったりするみたいですね。

棘(トゲ)という字にあるように、表面もしくは皮膚の下に、ものすごーーく小さなトゲを持っています。

難しい言い方をするとヒトデは【棘皮動物門(Echinodermata) 】の【ヒトデ綱(Asteroidea)】に分類されます。

echinodermとはギリシャ語由来のラテン語を訳したものらしく、echinos(ハリネズミ)のような derma(皮)を持つという意味らしいです。

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: ,

ヒトデって…動物なの?

2011 年 3 月 2 日 コメントはありません

 

Q.ヒトデって動物なの?
生きてるの?

A.動物です。
海の底で優雅にのんびりと生きています。

--------------------

稀に、動物なのって聞かれることがありますが、動物ですよ(´▽`;)
あまり動かないので、植物的な生き物と思われる方もおられるようです。

海底でのんびりやってますが、しっかりとした動物なんですよ。
フラフラと海底をさ迷いながら、ご飯を食べたりしてます。
しかも、ヒトデはあまり食べられることがない、海の王者(?)だったりするんですよ!

生物はまず、【動物】・【植物】・【菌 】に分類されるんですね。
ヒトデは、その中の棘皮動物(きょくひどうぶつ)というものに分類されてきます。

ヒトデの体をよーく調べると、小さな棘(トゲ)があります。
さらによく良く調べないとわからない&難しい話ですが、ヒトデは内骨格をもつのです。
昆虫のように外骨格(体を骨で覆っているイメージ)では無いのです。
なので、棘と皮を持つので、棘皮動物らしいです。

ヒトデ学―棘皮動物のミラクルワールド

そこら辺の詳しい解説は【ヒトデ学】という素晴らしい本にしっかりと解説してあったりします。
★ヒトデの体の仕組み ★ヒトデの五角形の理由
★ヒトデの面白実験 ★ヒトデの仲間(ウニやナマコなど)も紹介

非常にコアながら楽しい内容が満載です。
興味がありましたら、読んでみると面白いですよ(*´∀`*)


 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: , ,

【ヒトデQ&Aについて】

2011 年 3 月 2 日 コメントはありません

このカテゴリー【ヒトデQ&A】では、ヒトデについての様々な疑問について、答えていっています。
大学時代に学んだヒトデ情報を脳内から頑張って掘り起こして書いているので、間違いがあったりするかもしれないですが、管理人のわかる範囲で色々お答えしています(`・ω・´)ゞ

何か質問がありましたら、コメントに書きこんだり、メールで質問していただけたら精いっぱい解説させていただきす。
どうぞ、お気軽に(・∀・)ノシ

質問メールはこちらです。気軽にどうぞ!  メールを送ってやるぜ!

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデQ&A タグ: