アーカイブ

‘ヒトデ日記’ カテゴリーのアーカイブ

自由研究にヒトデの研究はいかがだろうか?

2011 年 8 月 20 日 コメントはありません

夏休みも終わりに近づく8月の後半。多くの小学生・中学生もしかしたら、高校生も宿題に追われているのではないだろうか?と余計な心配をしている今日この頃の管理人です。

そんな迷える子供たちに私のヒトデ知識は役に立たないだろうか……と考えてみた。思うにヒトデという生き物は自由研究の標的になるために生まれてきた生き物ではないだろうか?なぜなら、奴らは不思議の塊みたいな生き物だから。だって、星の形した生き物ですよ。絶対変でしょ。何も星型なんて素敵な形を選んで進化しなくてもいいじゃん……と思わずにはいられないのだ。

とにかく、ヒトデは不思議の塊なんだから、【ヒトデに関する疑問・不思議】をいくつか上げて、その答えをまとめれば自由研究の出来上がりだ。ヒトデに関する疑問の答えは↓のヒトデに特化した書籍を調べればきっとあるはずだしね。よっぽど難しい疑問じゃない限りね。


上の書籍を買わなくても図書館に行けば、海洋生物辞典などがあるはずなので、調べてみると良いかもしれない。

さらに!
本で調べた結果に、海でヒトデを捕まえてきて、写真をつけてあげれば先生も喜ぶに違いない。
さらにさらに!!
捕まえたヒトデで乾燥標本でも作って上げれば、理科の先生も絶賛するだろう。金賞くらい楽に取ってしまうに違いない(金賞などが今の学校にあるのかは不明だが…)。ヒトデは実は標本が作りやすいのだ。体が硬い骨格に覆われているので、70%アルコール以上のアルコールに1日くらい浸して、乾燥させれば乾燥標本のできあがり。

う~む、素晴らしい(´ー` )
これで、自由研究はバッチリだな。

この記事を読んで、世の中の小学生・中学生が大量にヒトデの自由研究をしてくれれば良いな~と自由研究ヒトデ化計画を密かに練る管理人であった。

 

NEW実験キットシリーズ 結晶の研究

ちなみに、Amazonや楽天などで探すと様々な自由研究キットなどがあったりする。実験キットシリーズで結晶の研究をしたり、レモンで電池を作ったり、結構色んな事ができる。これらを利用する事で一歩進んだ自由研究ができたりする。管理人も中学生の頃「二酸化炭素の濃度チェックツール」を使って、身の回りの二酸化濃度を調べて、金賞を取ったのを覚えている。
うまく使えば、かなり楽して自由研究を終わらせる事もできそう(^^;

 

↑カテゴリーを「おもちゃ&ホビー」、キーワードを「実験キット」「自由研究」で検索すると面白いのも見つかるかもしれないので、色々検索してみるといいですよ。

↓楽天でも同じように「実験キット」「自由研究」で検索するとAmazonとは違った自由研究の道具が見つかって面白いです。管理人の時代もこんな素敵なセットがあればと思ってしまうのでした。

という訳で、今回は夏休みに特化した内容をお送りしました。最近、かなりマニアックなヒトデ情報ばかりだったので、こんな記事がたまにあって良いのではないだろうか。

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデ日記 タグ: , ,

ヘテムルサーバーを友達と借りてみることにした

2011 年 8 月 9 日 コメントはありません

タイトルのとおりなんだけど、友達とヘムテルのレンタルサーバーを借りて色々試してみることになった。

というのも、ヒトデサイトが大きくなってきたので、ちょっと今のままではキツイかな…という感じなのです。( ̄~ ̄;)


こいつがヘテムルです。
ロリポップとかムームードメインが運営しているやつですね。

調べてみると、1 つご契約で ドメインを無制限、ディスク容量が42.195GB、MySQL が1 つの契約で100 個使えたり…
とにかく凄かったので、これなら安心というわけです。

さ、
作業しないと
カタカタ ( * ̄▽)o”_/|

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデ日記 タグ:

鹿児島からやってきたヒトデの正体

2011 年 6 月 10 日 コメントはありません

kagoshima-hitode01-01 kagoshima-hitode01-02

 

おそくなってしまいましたが…
だいぶ前に鹿児島から届いたヒトデの正体がわかりました!(・∀・)!

 

ヒトデマニアKの大学恩師である教授と、さらに同研究室の大先輩に鹿児島ヒトデ画像をチェックしてもらったところ

教授

コブヒトデ科の,Pentaceraster alveolatusに似ているようですが,いかがですか?

 ↓
大先輩

先生のご指摘の通り,コブヒトデモドキと思います。
近縁種で間腕部にもっと棘の顕著な種が南シナ海産のPentaceraster chinensis (Gray,1840)ですが,写真で見る限り間腕部縁板の棘はほとんど目立ちませんね。
コブヒトデモドキは近年,鹿児島湾で大発生して,かごしま水族館でもタッチプールで多数展示されたようです。

 

……さすがヒトデ教授とヒトデ博士。
ヒトデ修士のヒトデマニアKとは一味も二味も違う。
瞬時に見分けてしまったようです( ゚Д゚)サ、サスガ…

 

というわけでしーむずさんからお届けしていただいたヒトデは

アカヒトデ目、コブヒトデ科の
コブヒトデモドキ
 学名:Pentaceraster alveolatus

でした。しむーずさん、素敵なヒトデ画像ありがとうございましたm(_ _)m

 

当ヒトデサイトでは、皆様からのヒトデ画像の投稿をお待ちしております(*´▽`*)
なるべく早く判別できるように…が、頑張ります(´▽`;)

 

しかし、さすが教授…普通に学名でメールするんだな…

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデ日記 タグ: , ,

管理人がお世話になってるマニアック本

2011 年 4 月 23 日 コメントはありません

ヒトデ種類チェックに【ヒトデガイドブック】

20ホシヒトデ1
ちょっとした気分転換に海岸線を散歩してる時、または海釣りをしようかな~っと海岸に行くとたまに見ませんか?
星の形をしたアレ。
そう皆が大好きなヒトデですね☆
 (え!そうでもない??)

 

私なんかは漁港で漁師さんが捨ててる怪しい生き物も好きなので、漁港もブラブラ散歩したりするんですが、その時も変わったヒトデが見つける事があるんですよ。

けど、ヒトデなのは分かるけど…何のヒトデの種類かって、わからないんですよね。
恐らくみなさんも……わからないですよね(^^;

そんな時、欠かせないのが、その名も素敵【ヒトデガイドブック】なのです。
hitode-guid00

 

★ヒトデガイドブックとは?

このガイドブックの大きな特徴として

【オールカラーの写真が多く掲載されている】ことです。

陸に上がってしまうと、不気味なヒトデですが……
水の中では意外と可愛かったり(?)、同じ種類であっても色んな色彩があったりして綺麗なんですよ。
その綺麗な海中のヒトデの姿を、写真家の楚山勇さんが撮影してくれているので、見ていて飽きない素敵な写真がいっぱいです。
これだけでも一見の価値ありです☆

このガイドブックは、フィールドで撮影された写真が使われているので、スキューバーダイビングをやる人や、臨海実習・自然観察会などで学生などが使いやすいように、初心者にもヒトデの見分けがしやすい一冊となっています。
「海に落ちてるヒトデが何の種類かわからない~(>_<;)」って時に、ヒトデ写真と見比べながら調べていけます☆

 

また、ヒトデの見分けだけではなく、かなり色んな事が書いてある本です。ヒトデの体の構造や、分類上の特徴や、種ごとの解説があります。
ヒトデの各部位の名称なども専門的な解説があるので、ちょっとマニアックな人にも読み応えあります。
hitode-guid
さらに、【コラム】として、ヒトデのユニークな生態、不思議な現象、人との関わりなど興味深い内容なども書いてあるので、ひと通り読めば、あなたもヒトデマニアの仲間入り☆(´∀`)☆
「マンジュウヒトデが子どもから段々太っていって、アノ形になるんだ~Σ(・ε・;) 」

「分裂した直後のヒトデって変な形~(´∀`)」
みたいな発見も多数ありますよ。

 

 

問題点…を上げるとするならば
本格的な辞典、ということではないので、もの凄く詳しくヒトデの同定(種類を見分ける事)はできないかもしれません。

また、日本近海のヒトデ全種類が掲載されている訳ではありません。
特に、深海性のヒトデ(水深200mを超えてくる種類)についてはほとんど載っていません。ダイビングの写真が主…なので当然ですが。

 

ですが、80種類以上のヒトデが掲載されており、メジャーと思われるヒトデも多く掲載されているので、よっぽどのマニアでない限り、上記の問題点は気にならないと思いますが(^^;
私みたいなマニアでない限り深海性ヒトデなんて水族館くらいでしか出会わないと思いますし。

 

 

★購入してみて・・・

hitode-guid03私も最初は教授の部屋にあったのを使っていたのですが、後からは自分で購入して使っていましたね。
サッとヒトデを調べたい時に、パラパラっとチェックできるので、便利ですよ。
そんな訳で役立つヒトデガイドブックはどこに行くにも必需品です。手頃な大きさでどこにでも持っていけるのが、また良いです。

沖縄にヒトデ採集に行った時も、もちろん持って行きましたね。
(一緒にナマコガイドブックも持ってきました。)

アタッシュケースの中にも入ってすっきり収納。
できるビジネスマンを演出です(  ̄ー ̄)*キラリ

 

もちろん、このヒトデサイトを作る際にも大いに参考にしてます☆
トリビア的な「へぇ~」っと言ってもらえるネタ満載です。

子どものプレゼントにも面白いかもしれませんね。自由研究とかに十分使える一冊になると思いますよ。

【ヒトデガイドブック】あなたの家にも一冊いかがですか?

 

今日から貴方もヒトデプロフェッショナル!

気になるヒトデガイドブックは【メール便送料無料】

 

 

自由研究にも最適かも??
この本をまとめるだけで、かなり面白いのになりそう(^^;)

その他にも管理人のヒトデマニアKオススメの本です。

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデ日記 タグ: , ,

ヒトデ画像 from 鹿児島

2011 年 4 月 20 日 コメントはありません

数々のヒトデを見てきた管理人のヒトデマニアK…
しかし、私にもわからないヒトデは沢山あるのです。

そう、それこそ星の数ほど( ̄ー ̄)ニヤリ

ま、そんな素敵な言い回しはともかくとして……

 

ヒトデ研究・鹿児島支部(?)のしーむずさんが、
不肖ヒトデマニアKのために、ヒトデの写真を送ってきてくれました~☆彡ヽ(´∀`)

なんでもお仕事の知林ヶ島ガイド中に海岸で見つけたヒトデらしいです。
「同定はまかした!」
っと言うわけで、直線にして800kmの距離を越えて、鹿児島から富山にヒトデが届いたのです!!
(メールでですが)

よーし、じゃあ気合いいれて、見てみるぞ~!o(`・∀・´)ノ

kagoshima-hitode01-01kagoshima-hitode01-02

 

…(´∀`)

ん……(´Д`;)

こ、これは………(; ・`д・´)

 

ま、全くわかりませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。

ガイドブックが隣にあるので、手のひらよりも大きいヒトデみたいです。

kagoshima-hitode01-03

しかし、管理人のしょぼいヒトデ知識では、何の種類かわかりませんでした(;-д- )

よく考えたら、富山湾のヒトデしか見たことない管理人……
日本近海で250種のヒトデがいると言われていますが、おそらく管理人が見た事あるのは40種類程度…
知らないヒトデの方が多いのでした…

とりあえず、実家に帰ってヒトデ資料をひっくり返して再度チェックしてみます(`・ω・´)ゞ

あ、大学の教授にも救援要請してみよう。
(゚з゚)Help!!

 

 

 

 

カテゴリー: ヒトデ日記 タグ: , ,